皆さんこんにちは。わたくしの記事も大分久しぶりになってしまい恐縮しています。今年は春からコロナ騒ぎで釣りの方も春の鯛釣りが制約を受け、ピークの4月も出船停止がありました。御前崎港の釣り船は東京、関東からの釣り客が多いため、福田港のそれよりも停止期間が長かったようです。
続きを読む: 久永裕也の「釣り日誌」 その23

ヤマハOB会機関誌、「音季のひろば」最新号の104号が皆様のお手元に届いたことと存じます。その中で「輝くヤマハOBたち」に取り上げられた第6B 増井武さんから久しぶりの投稿がありました。

素敵なカフェの庭園の花々が季節の移ろいとともに変化していく様をビデオでお楽しみください。

続きを読む: 「ガーデンカフェ 碧の丘」(第6B増井武)

21B鈴木 忠さんから実用的でためになる、とても興味深い投稿がありました。
なんと「秘伝」のばかうまい!梅酒の作り方をご披露していただきました。

この記事を読んで、一つやってみようと思った方、今まで自分流で作っていたが、この秘伝を試してみようと思った方、是非梅酒作りに挑戦してみてください。2ヶ月後、本当に美味い!梅酒ができたら、夏の暑さも吹っ飛び、あるいは免疫が上がり、コロナなんか吹っ飛ばすことができるかもしれません。

続きを読む: 「秘伝」ばかうま!梅酒の作り方(21B鈴木忠)

第21ブロック山下勝彦さんが会長を務められている「浜風会」のホームページのご紹介です。前号の音季のひろばの「あの人は今」での山下さんの投稿が目に止まり、今回の紹介の運びとなりました。

この「篠原地区郷土の歴史を学ぶ会『浜風会』」からもアクセスできます。

その他のOB会関連のホームページは、各ページの一番下部にあるメニューの「関連リンク集」からアクセスいただけます。

これ以外にも取り上げてもらいたいというホームページがありましたら、ご一報ください。

それでは山下さんの紹介文をご一読ください。

続きを読む: 篠原地区郷土の歴史を学ぶ会『浜風会』

 

秋たけなわ、というかやっと「例年にない」暑さから解放されました。とはいえ10月は台風三昧で海は荒れ、2回しか船に乗れませんでした。いつもは秋の鯛の数釣りがパターンですが、昨年から福田港からのヒラメ・道楽(ヒラメのための生き餌取り時にワラサ、カンパチなどの青物も狙います)釣りが大変面白くなりハマっています(写真 イ)。
続きを読む: 久永裕也の「釣り日誌」 その22

 

7月に入り、今年は梅雨が少し長いのかと思われ、なかなか海に出られない日が続きす。ただ、久しぶりにカツオが回ってきて、強い引きを堪能できるようです。特に今年はキハダマグロの大型が群れについている様で10kg超えの大型が一船2~3本上がっているとの情報です。まぁ一度はかかってくれば幸甚、との思いで7/8出かけてみました。
続きを読む: 久永裕也の「釣り日誌」 その21

OB会員からの最新のお便り