第15回
趣味の作品展

第6回
趣味のコンサート

昨年の暮から募集が始まったヤマハOB会最大のイベントである、趣味の作品展・趣味のコンサートが今年もまた開催の時期が間近に迫ってまいりました。趣味の作品展は第15回目、趣味のコンサートは第6回目の開催となります。

趣味の作品展は例年通りクリエート浜松ギャラリーNo.31で2月25日(月)から3月3日(日)(9:30~18:00、初日は13:00から、最終日は17:00まで)までの期間、主催:ヤマハOB会、後援:浜松市、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送、ヤマハ株式会社にて開催されます。今回も250点あまりの作品が集まってきております。多彩な趣味を持つヤマハOBの皆様の幅広いジャンルの力作が展示されます。皆様お誘い合わせのうえ是非会場に足をお運びいただき、その素晴らしさをご堪能ください。

昨年の2018年度第14回趣味の作品展はこちらからご覧いただけます。

趣味のコンサートは作品展の最終日前日の土曜日3月2日、会場は同じクリエート浜松1Fのふれあい広場で今年も2部構成で行われます。13:00時開場で第Ⅰ部は13:30~14:30、30分の休憩をはさんで第Ⅱ部は15:00~16:00で開催されます。この土曜日は作品展とコンサートと一緒にお楽しみいただけます。

ポスター裏面
(クリックで拡大)

第Ⅰ部は3組、第Ⅱ部は2組のグループのパフォーマンスをお楽しみいただけます。いずれも確かな演奏技術と不断の練習・メンバーの団結で素晴らしい演奏が期待されます。以下、演奏順にご紹介いたします。


第Ⅰ部

  1. 13:30~ おたまじゃく(フリーアンサンブル)
    2年前の第4回に続いて2度目の出演となります。結成して4年目を迎え、和・洋・管・弦を問わず、いろいろな楽器を使って、ジャンルやスタイルにこだわらず、皆さまと一緒に楽しめる音作り、空間作りに挑戦しています。福祉施設訪問、地域の行事への参加にも数多く参加することで、聴いてくださる皆さんからもたくさんのパワーを頂いています。 まだまだ、手も足も出ない、”おたまじゃくし”ですが、精一杯、泳ぎ回りたいと思います。
     
  2. 13:50~ ヘリオス(ハーモニカ・アンサンブル)
    昨年に続き3回目の出演となります。入野協働センターでのハーモニカ教室のセレクトメンバーを中心に結成されたユニット。太陽のように周りを暖かくしたいとの想いで、ギリシャ神話の太陽神の名前をとり「ヘリオス」と命名しました。 歌謡曲をおメインに童謡・唱歌・世界の音楽を独自の編曲によりアンサンブル活動を行っています。編曲された曲数は800にも及び、その中から200曲ほどをユニットの持ち歌としています。 主な活動として、季節ごとに行う3つの施設の訪問演奏があり、皆さんから喜ばれています。
     
  3. 14:10~ 浜松リハーサルジャズ・オーケストラ(ジャズオーケストラ)
    4年ぶり2回目の出場を果たします。1980年ヤマハ吹奏楽団の現役とOBが中心となり、社内のジャズの好きなメンバーを集め演奏活動を始めました。過去15回のリサイタルを行う一方、各地のジャズフェスティバルへも参加し、また小学校などでの音楽鑑賞会の演奏も積極的に実施し、多くの皆さんに親しまれてまいりました。 今後ともスタンダード・ジャズをメインにジャンルにとらわれず、幅広いレパートリーに取り組んでいきたいと思っていますので、ご期待ください。
     

第Ⅱ部

  1. 15:00~ 男声合唱団 オーロラ(男声合唱)
    2年前の第4回に続いて第2回目の出演です。合唱団は2002年に設立され、現在団員は44名、平均年齢はやや下がって73歳とのこと。ほとんどのメンバーが還暦後に合唱を始めた方々です。毎週月曜日佐鳴台の夢汎ホールで練習を重ねる。約半数がヤマハ及びヤマハ発動機のOBです。今回は男声合唱の魅力をたっぷり聴いていただくために、いろいろなジャンルから選曲しています。玉川昌幸先生の指揮、伊藤絢さんのピアノ伴奏でお届けします。
     
  2. 15:30~ ヤマハ・マスターズ・バンド(吹奏楽)
    第1回コンサートから連続出場し、毎回トリを務めている、趣味のコンサートの「顔」とでも言うべきバンドです。平成18年10月に「ヤマハ吹奏楽団OB会」メンバー有志約35名で結成される。浜松駅プロムナードコンサート・浜名湖ガーデンパークでのコンサート等で地域貢献や音楽文化の振興に励んでいます。多くの機会を捉え地域貢献や音楽文化の振興に寄与することを励みに活動を重ねている。 

昨年の2018年第5回趣味のコンサートはこちらからご覧いただけます。


 

 
 
 

ひろば・ヤマハ村