デジタルアートの部には毎年お馴染みの2名の出展者、3作品、書の部では8名の出展者、9作品が展示されました。デジタルアートとは、の解説のコメントもあり、興味深い作品の展示となっております。書は今回は伝統的な書の作品もありましたが、モダンなアート風の作品も多く、またひたすら小さな文字を書き連ねるような作品もあり、バラエティに富んだものになっております。

デジタルアートの作者と作品の一覧です。リンクをクリックすると作者紹介と作品の画像を見ることができます。

出展者 作品 注釈
高橋 茂雄 壁画  
山下 恭平 令和の春・五輪の夏へ
  〃 虹色のつむじ風

書の部の作者と作品の一覧です。リンクをクリックすると作者紹介と作品の画像を見ることができます。

出展者 作品 注釈
伊藤 雅夫 芳草萋萋、桃花亂?(出典 良寛詩「春暮」)
伊藤 正義 漢詩
大石 純子 よい音楽の精神に於ては詩は共鳴する
大道 邦夫 山頭火句
尾上 久美子 千の風になって 硬筆.MetalTipペン字
尾上 義行 書譜 孫過庭(ショフ ソンカテイ)
高橋 茂雄 虚心  
当用・人名漢字表  
谷口 賢祐 詠中田島砂丘遠州濱  

デジタルアートの部の作品をギャラリーでもご覧いただけます。画像をクリックしてお入りください。

書の部の作品をギャラリーでもご覧いただけます。画像をクリックしてお入りください。