雅な音楽から一転して、昭和の香りのする歌謡曲に。グラスを傾けながら聞きたくなるような曲ばかりです。オリジナルのボーカルパートを金弥さんの華麗な演奏が歌います。器用にもTS、AS、CL、FLと4つの楽器を見事に操ります。

もともとは中学・高校の吹奏楽部でクラリネットを吹いていたそうですが、大学でサックスに転向し、社会人になってからも全国各地の社会人バンドでご活躍されました。現在は浜松市内の楽器店でサックスの講師に従事する傍ら、K's Jazz Quartetのリーダーとしてご活躍されています。

今回の昭和歌謡は、ほぼ原曲のカラオケバージョンのようなバックにソロ楽器で若干ジャズ風の演奏といった感じで、よく知っている曲ばかりで、聞いていて安心できる、心地良い演奏でした。

【演奏曲目】

  1. 二人でお酒を(梓みちよ) TS
  2. おもいで酒(小林幸子)  TS
  3. クールファイブ・メドレー TS
    噂の女
    長崎は今日も雨だった
    中の島ブルース
  4. 赤坂の夜は更けて(西田佐知子) CL
  5. 恋人も濡れる街角(中村雅俊) FL
  6. もしもピアノが弾けたなら(西田敏行) AS
  7. 箱根八里の半次郎(氷川きよし) TS
  8. 港町ブルース(森進一) TS

演奏の画像をお楽しみください。